Menu

保育園の求人で採用されるには

October 31, 2016 - 社会
保育園の求人で採用されるには

保育園で働くと一言で言っても、職種は保育士だけではありません。大きな園になればなるほど、保育の担い手以外の仕事も重要になってきます。

具体的には、事務員や栄養士、看護師です。
また、園によっては、
警備員やバスの運転手といった仕事もあるでしょう。
それら保育士以外の仕事であっても、
場合によっては園庭で子どもたちを見守ったり、
遊びの時間に遊び相手になることも
少なくないのが保育園の仕事です。
そのため、保育園で採用になるには、
一にも二にも子どもが好きである必要があるでしょう。
資格が必要な仕事では、
資格を持っていることが採用の最低条件になります。
面接時か書類選考時に
資格のコピー提示が求められることもあるため、
必ず用意しておきましょう。
一方、実は保育助手としてならば
無資格でも採用されることがあります。
これから保育士の資格を取ろうと考えている人や、
育児がひと段落した人などで、
保育園の仕事に興味がある人は、
保育助手の仕事に応募してみるのも手でしょう。
その場合は、保育の仕事への熱意や、
前向きに学んでいく姿勢のアピールが採用の鍵です。
また、保育園というのは
実は早朝から夜まで開いているものであり、
いろいろな時間帯で働いている人がいる場所でもあります。
人手の集まりにくい早朝や夕方から夜、
土日祝日などに勤務することができれば、
応募の際に大きなアピール材料となります。
可能なら、事前に電話などで問い合わせておき、
自分が勤務できそうな時間を調べておくのも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *