Menu

保育園で募集される職種

May 28, 2016 - 社会
保育園で募集される職種

保育園は様々な職種の方が働く場所です。子ども達の生活を守るため沢山の方がそれぞれの知識と経験を活かして働いています。保育園で募

集される職種についてみていきましょう。

保育園で一番募集が多いのは保育士です。

0歳クラスですと子ども3人に対して保育士が1人つくように国によって決められています。
年齢が上がるとその分子どもの人数に対する保育士の数は減っていきますが、大規模園などでは沢山の保育士が活躍しています。

保育に関する知識を活かして子ども達の一番そばでお世話をします。

給食を作る園では、栄養士をはじめ数人の調理師が活躍しています。
0歳から預かる園では離乳食も1回食、2回食、3回食、完了食と食事形態が様々なので、きめ細やかな調理が必要です。

また小さい子だと食物アレルギーが出やすいため、
保護者との連絡を密にしアレルギー対応の食事を提供するなど、命を守るうえで大切な役割もしています。

衛生環境、ケガ、病気の配慮としては、看護師が配置され、保育士募集している園があります。

子ども達は日々元気に走り回るので転ぶことが多く、友達同士のけんかでもケガをします。
遊具を使っていても骨を折るなどのケガもあります。
また小さい子供は感染症にかかりやすいので、熱や発疹の出る病気や嘔吐下痢など、子どもの病気とその対応に詳しいことが求められます。

子ども達の使う園舎全体を管理する点では、用務さんが活躍しています。

お部屋の掃除、園庭の整備、トイレの衛生環境を整える、沢山でる洗濯物など用務の仕事も1日中あるのが保育園です。

子ども達に声をかけられたり、一緒にお花のお手入れをしたり、
ごみの仕分け方を教えるなど子どもとの触れ合いも仕事の励みになります。

このように様々な職種の方が活躍できるのが保育園になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *