Menu

保育士の採用について

June 29, 2016 - 社会
保育士の採用について

保育士として働きたい場合には希望する保育所が公立か私立かでも違ってきます。公立の場合には正規の場合には公務員として勤務するので、公務員

採用試験を受けることになります。

また私立の保育所で良いという場合には毎年、就職活動の時期になると大学などに求人採用の連絡が来るので応募するという形になるでしょう。

民間の保育所や託児所などは人手不足もあり随時募集している事も多い為、
年度を待たずにチャレンジできる可能性も高いでしょう。

最近の幼稚園と保育園を一体化させたこども園に関しては保育士資格と幼稚園教諭資格の両方を持っている保育教諭の資格が必要となります。
そもそも保育士として働く場合には国家資格を取得している事が必須です。

保育士資格がなくても保育の補助という形で採用されるケースもありますが、
担任などの責任ある仕事は任せてもらえず、他の先生の補助がメインになる事が多いでしょう。

キャリアを積みたいのであれば資格を取っておく事がより保育の細かな部分の仕事にまで携わる事が出来るでしょう。

保育士になるには養成の大学や専門学校に通って卒業と同時に取得するケースがありますが、2年以上の通学期間を経て等長い時間が必要です。

その他にも年に2回行われる保育士の試験を合格する事で取得できます。

ただし、受験資格があるので受験資格に達しているかどうか事前に確認が必要です。試験自体は毎年10パーセント程度の合格率ですが、独学でも未経験で一発で合格する人も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *